無料見積りはこちら

SAFETY

貸切BUSの安全性について

貸切バス事業者安全性評価認定制度

BUS LABO.JPでは、安心してお客様にご利用いただけるよう、
安全性評価認定2つ星 以上のバス会社様からのみバスをお手配いたします。

貸切バス事業者安全性評価認定制度マーク

貸切バス事業者安全性評価認定制度とは、
公益社団法人日本バス協会が、平成23年度から運用を開始した制度で、安全性や安全の確保に向けた取組状況について評価認定を行うものです。

評価は一ツ星、二ツ星、三ツ星の3種類で、三ツ星が最も取組状況が優秀、と認定されています。

  • (一つ星の認定基準) 初回申請の事業者の審査得点が 一定点以上であること
  • (二ツ星の認定基準) 一ツ星の認定を2年間継続していること 書類審査の得点が100点満点中80点以上であること
  • (三ツ星の認定基準) 二ツ星の認定を2年間継続していること 書類審査の得点が100点満点中80点以上であること

*平成28年3月22日現在、178社が三ツ星認定、215社が二ツ星認定を受けています。

評価認定を申請する貸切バス事業者は、以下の条件を全て満たしている必要があります。

  1. 事業許可取得後3年以上経過していること。
  2. 安全性に対する取組状況における法令遵守事項に関する違反がないこと。
  3. 過去1年間に、有責の第一当事者となる転覆等の事故(転覆、転落、火災、踏切での 列車との衝突・接触事故)又は悪質な法令違反(飲酒、酒気帯び、無免許、無資格、覚せい剤等の薬物乱用、居眠り)による事故が発生していないこと。
  4. 過去1年間に、1営業所1回当たり30日車以上の行政処分が発生していないこと。
  5. 過去に認定取消を受けた際の欠格期間に該当していないこと。